Wednesday, September 4, 2013

Myron Krueger の驚きのデモ 1988.

インタラクティブアートや virtual reality のさきがけということである.既に二本指を広げることで画像を拡大したり,指で画像を移動させるという,今ならタブレットやスマートフォンでよく見ることが実験されている.(4:30あたり)

http://youtu.be/dmmxVA5xhuo?t=4m30s

しかし,ちょっと変だと思ったのは,昨年の訴訟ではこれは Apple の発明の1つであり,Samsung はこれらによって 10 億ドルを支払うという話があった.

http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20120827/418281/?ST=smartphone

この発明は Apple の 2005 年の発明であるそうだ.

さらに不思議なのは,このズームのジェスチャーを 1993 年に発明したという人があらわれて,Apple に勝訴しているということである.
http://easthamptonstar.com/News/2013829/Springs%E2%80%99-Own-Beats-Apple

Myron Krueger のデモはいくつもの意味ですごいものだ.それ自身のすごさがあり,そしてこの訴訟の無意味さを示し,特許制度の破綻まで示している.

No comments:

Post a Comment