Friday, May 1, 2015

ドイツにおける機会不均等(差別)の扱い (3)

第3節: 歴史的背景

 ヨーロッパでは差別問題は女性開放の動き(Frauenbewegung auftrag)としてはじまった [1].そして後に機会均等への運動(Gleichstellungsbeauftragte)へと拡大していく.したがってこれは男女間の差別問題としてはじまり,あらゆる種類の差別問題として拡大していった

多様性について早いうちから対応していた会社には IBM がある [2].IBM は米国で機会均等法が制定される(1965)以前から雇用に機会均等を打ち出していた (1900 前後,当時 IBM はまだなく,IBMの前身の会社において既に始まっていた).

参考: 表現の自由は悪用することで人間の尊厳を犯す場合がある.第二次大戦後,新聞社など公に発言する媒体はあらゆるものから独立すべきであることが定められた(表現の自由).これは,ドイツ基本法第5条 [3] にある.

参考文献

  1. Wikipedia de, Frauenbewegung, http://de.wikipedia.org/wiki/Frauenbewegung, (Online; accessed 2015-4-2(Thu))
  2. IBM, Diversity and Inclusion, http://www-03.ibm.com/employment/us/diverse/index.shtml, http://www-06.ibm.com/jp/employment/jp/life/modus/diversity.shtml, (Online; accessed 2015-4-2(Thu))
  3. Bundesministerium der Justiz und für Verbraucherschutz, Basic Law for the Federal Republic of Germany, English translation version, http://www.gesetze-im-internet.de/englisch_gg/englisch_gg.html, (Online; accessed 2015-4-2(Thu))

No comments:

Post a Comment