Thursday, August 27, 2015

兎のエゴンと私

経済の本を読んでいた時,なんとはなしに隣にいた兎に「あなたには声があるの?」と尋ねた.「人々の生産性は上がっている.世界の人口はあまり増えなくなっている.どうしてそれでもこんなに問題があるのだろう?」

兎は私を見ていた.兎の名前はエゴン(Egon).今日はスティグが学校に上がる最初の日だ.「なぜなのか知らないの?」エゴンが言った.または私の一部がエゴンが言っているように答えたのか.「わからない.結局『人間は愚かだ』と言うことはできるけれども,それはあまり助けにならない答えだ.たとえそれが真実だとしても.」今度はエゴンは無言だった.だから私は幻聴でも聞いたのだろうと思った.
Egon

ふとエゴンの檻を見て聞いてみた「あなたの檻は小さすぎないかい?」.

Egon: 「小さいね.もっと大きいのがいいね.君のはどうだい?」

私: 「私の檻? 檻なんかないけど」

Egon: 「自分の檻も見えないのかい? 君は自分で作って自分でその中に入ったのだろう.私の知っている限り,動物の中でそんなことをするのは人間だけだけれどもね.」

私: 「刑務所のことかな.自分で入りたいという人は普通はいないと思うけど」

Egon: 「いやいや,君らが街とか読んでいる檻だよ」

私: 「... 街がどうしたら檻なんだい?」

Egon: 「君らが街を作る前には,誰でもどこに座っても文句はなかった.今は街の中では座れる所も寝られる所も決められている.自分の巣も持てない人もいる.街の中のほとんどは自由に立つこともできない.目に見えないかもしれないが,檻があるのとどこが違うのかい?」

私: 「... ふーん.なるほどね.街をそう考えたことはなかったかな.」

Egon: 「別に物理的なものじゃなくてもそうだ.資本主義とかなんとかというものを作って,自分達でその中に入っている.それがもしかしたら危険かもしれないし,突然崩壊するかもしれないと知っていても,君らはその中で暮らしている.そういうあぶない所からでも外に出たくなかったりしないのかい.」

私: 「...」
Egon and me

エゴンはここで話すのを止めた.檻の中にいたのは実は私の方なのかも,とこの奇妙なアイデアについてもう少し考えてみた.いやいや,実は1つの檻ではなくて,何重もの檻の中にいるようだ.街だけじゃない.政治形態,エネルギー網,私の使える言葉,...これらは皆よりよい人生のためかと思っていた.しかしエゴンの考え方ではこれらは皆ある種の限界,檻,でもある.なるほどね.人間は地球で3番目に賢い生き物だと思っていたが,実は兎の次としたら,少なくとも4番目以降というわけか.

Egon: 「君らは単純な命を大事にしすぎる.もう少しバランスを持ったらいいかもね」

私: 「命を大事にしすぎる.国,軍,政党,経済システム,エネルギーシステム,などなどは私達の命を守るために作ったはずなのに,今やそれらが私達を破滅させようとしているようだ.これが私達の問題というのかな?」

Egon: 「多分そうかも,そうじゃないかも」

太陽が沈みかけてきた.スティグがエゴンを寝ぐらの檻に移しかえる.「エゴン,君には声はあるのかな.私が聞けるような声が?」もう一度聞いてみた.「それは重要なことなのかな.君らは些細なことにこだわりすぎていないかい」エゴンは答えた.

彼は檻の中で野菜を食べるのに忙しい.(これもまた,彼の言う檻なのだろうか.私は耳に聞こえる声でないと声と考えないのだろうか? これはそもそも重要なのか?) 家に帰る前にエゴンを一瞥した時,確かではないがエゴンが微笑んでいたような気がした.

No comments:

Post a Comment