Sunday, May 3, 2015

ドイツにおける機会不均等(差別)の扱い (4)

第4節: 機会不均等問題の一般的な扱い

一般に差別をみつけたら常に何らかの証拠か目撃者を伴って警察に届ける必要がある.もし YouTube 上でそれをみつけた場合にも同様に警察へと報告する.

もし誰かが差別を公の場で述べた場合には,その人を告訴することができる.そして,検察官または裁判官 (Staatsanwaltschaft [1]) はそれを処理しなくてはならない.

次の引用はドイツ語の Wikipedia の「地方レベルにおける男女間の機会均等のノルトライン=ヴェストファーレン州の地方自治体法での例 [2]」についてである.
男女間の平等という憲法的な仕事を実体化することはまた街と自治体の使命である.この仕事を実行するため,自治体は機会均等のための役員を雇用することができる.この変更により,自分達の責任をもって,この憲法的な要求を実装するため,1984年にノルトライン・ウェストファーレン州に自治体当局が呼び集められ,自治体当局らは自治体の機会均等役員を雇用した.1994年の10月にノルトライン・ウェストファーレン州の自治体の法律が改正された後,10,000人以上の住民のいる全ての自治体と,全ての関連する当事者らはフルタイムの機会均等役員を雇用する義務を負うことになった.(以下略)
この例は 10,000 人以上の住民のいる自治体には必ず機会均等を扱う専門のフルタイムの役人が雇われる必要があることを定めている.

References

  1. Wikipedia de, Staatsanwaltschaft (Prosecutor), https://de.wikipedia.org/wiki/Staatsanwaltschaft, (Online; accessed 2015-4-2(Thu))
  2. Wikipedia de, Gleichstellungsbeauftragte, https://de.wikipedia.org/wiki/Gleichstellungsbeauftragte, (Online; accessed 2015-4-2(Thu))

No comments:

Post a Comment