Thursday, May 7, 2015

ドイツにおける機会不均等(差別)の扱い (8)

第7節 例

第7.1節 私が仕事をしている会社の場合

私が仕事をしている会社には,差別問題のコードがある (差別は禁止されている).問題があればそれを会社に報告することができ,そのための情報が提供されている.

私がドイツで会社へのインタビューを受けた時には,会社側は表向きには国籍を尋ねることができなかった.しかし,ドイツでの就労許可が取れるのかという形でパスポートに関する情報を尋ねることは可能なようである.

第7.2節 労使協議会での最近のニュース記事例

差別は罪であるために,差別問題が差別という形でそのままでることは少なく,状況に大きく依存するケースが大半である.差別ということであれば,市民はその罪を警察に届ける義務がある.会社内部で差別を見過すことは懲戒処分になる可能性がある.

最近の一例としては,労使協議会で他を公に侮辱した場合の顛末の記事がある.Spiegel online の記事で,Verfahren zur Amtsenthebung: Daimler-Betriebsratsmitglied applaudiert Pariser Attentätern (告発: ダイムラーの労使協議会メンバーがパリのテロ事件を賞賛) [1].労使協議会は従業員の立場を保護するかそうでないかを選択する必要がある場合がある.シュピーゲル・オンラインの記事によると,今回問題となった人物は,労使協議会の役員メンバーであり,会社側が他の従業員よりも簡単に辞職させることができない地位にある人物である.その人物が,ソーシャルメディアで,「Jeder Mensch zahlt fürseine Taten! Fuck Charlie Hebdo (誰もが自分のしたことには責任を持つべきだ!シャルリー・エブドの畜生)」という書き込みを行なったことが問題となった.彼はこの公の書き込みの責任をとらされて,労使協議会のメンバーから外された.(会社には残れたようであるが詳細は不明)

第7.3節 差別となる場合の例

会社の仕事の面接で「あなたは妊娠していますか?」「あなたの妻(夫)の仕事は何ですか?」など,仕事に関係ないことであれば,性別,妊娠の有無,年齢,国籍,家族,障害などについて尋ねることは違法である.これは米国の雇用機会均等委員会 [2] の定めることとほぼ同じである.会社の面接で同席している機会均等役員はこれらの質問を止める義務がある.不適切な質問の例は [3]にある.

会社の仕事の面接時に会社側が労使協議会のメンバーに同席を求め,面接を受ける人達を違法な質問から守ることは広く行なわれている.これはまた会社側にもメリットがある.なぜなら面接を受けた人物が「会社に仕事の面接で違法な質問をされた」と提訴されることを予防することにもなるからである.(労使協議会は第三者的な役割りを果たすことができるので,会社側はいわれのない訴訟を避けることができる.)

表記について

本報告では Behindert の翻訳を Wikipedia [4] に従い「障害」と表記した.

参考文献

  1. Spiegel online, Verfahren zur Amtsenthebung: Daimler-Betriebsratsmitglied applaudiert Pariser Attentätern (Impeachment: Daimler-works-council member applauds Paris terrorists, http://www.spiegel.de/wirtschaft/unternehmen/charlie-hebdo-schmaehung-daimler-betriebsrat-droht-amtsenthebung-a-1014702.html, 2015-1-23(Fri), (Online; accessed 2015-4-2(Thu))
  2. Wikipedia en, Equal Employment Opportunity Commission, https://en.wikipedia.org/wiki/Equal_Employment_Opportunity_Commission, (Online; accessed 2015-4-2(Thu))
  3. test.de, Bundesarbeitsgericht: Schwangerschaft darf geheim bleiben, https://www.test.de/Bundesarbeitsgericht-Schwangerschaft-darf-geheim-bleiben-1082989-0/, (Online; accessed 2015-4-3(Fri))
  4. Wikipedia ja, 障害者: 表記・呼称, https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9A%9C%E5%AE%B3%E8%80%85#.E8.A1.A8.E8.A8.98.E3.83.BB.E5.91.BC.E7.A7.B0, (Online; accessed 2015-4-5(Sun))

謝辞

この記事を書くにあたって以下の人達の協力を得ました: D.S, K.K.M.R, ここに感謝いたします:

No comments:

Post a Comment